データベース モデリング
ホーム > 発行済み
読者の情報処理試験合格(シスアドから高度まで)を目指しています。
作者は、アプリケーションの開発を行なっているエンジニアです。
情報処理試験の知識(理論)を、日々の業務(実践)にどう生かしていくか、その辺りの事を意識
して、発行していきます。

データベース モデリングとは


                                            
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ★★ 『情報処理試験のお勉強(千里の道も一歩から)』 ★★
                           2004/11/15 第34号
        知識の習得は、本当に楽しいものです。
        それぞれの目標に向かって、一歩ずつ踏出して行きましょう。
     
     ----------------------------------------------------------------------
        まぐまぐ:959 めろんぱん:114 メル天:80 カプライト:84
        E-Magazine:91 Macky!:27 melma:41      総発部数:1396
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     
      秋期にネットワークに関する出題がある科目を受験しようと考えている方。
     
      テクニカルエンジニア(ネットワーク)、情報セキュアド、ソフ開、基本情報、
      上級・初級シスアド、アプリケーションエンジニアを受験しようかと考えている
      方は、まちがいなく、申込みしておいた方が良いですよ。
      
      試験範囲の技術習得の手助けになります。
      
      ・「5分でわかる最新キーワード解説」
      ・「ネットワーク早わかり講座」
      ・「運用コストを減らすワザ50」
      ・「すご腕アナリスト市場予測」
     
      今すぐ、無料登録をして、試験対策の準備が出来る環境を、作っておくことを
      お薦めしています。
     
       実力の習得は、日頃の努力です。 貪欲に知識の習得をしましょう。
       
       ▽ http://jstudy.fc2web.com/keyman2.html
     
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       今回の問題は、テクニカルエンジニア(データベース)からの出題ですが
       ソフトウェア開発、基本情報、シスアドでも十分出題される内容です。
     
       『テクニカルエンジニア(データベース) 午前平成15年問29』
     
     
      業務ルールが次のように与えられている。これに基づきデータモデルを作成し
     た。正しいデータモデルはどれか。ここで, 1 * は,1 対多のカーディナリティ
                          ̄ ̄
     を表す。
     
     
     [業務ルール]
      この会社は語学教材を販売している。教材は教科書,辞書など,多品種にわた
     る。営業員は複数の担当地域が定められており,担当地域の顧客から受注を得る。
     一つの地域を複数の営業員が担当する。
     
      ア       ┌───┐*  1┌───┐1
              │営業員├───┤ 地域 ├───┐*
              └─┬─┘   └───┘ ┌─┴──┐
                         │1              │担当地域│
                         │*           └─┬──┘
                    ┌─┴─┐*   1┌───┐1   *│
                    │ 受注 ├───┤ 顧客 ├───┘
               └─┬─┘   └───┘
                 │1
                 │*
        ┌───┐1  *┌─┴──┐
        │ 教材 ├──┤受注明細│
       └───┘  └────┘
     
     
      イ       ┌───┐*  1┌───┐1
              │顧客 ├───┤営業員├───┐*
              └─┬─┘   └───┘ ┌─┴──┐
                       │1               │ 地域 │
                       │*           └─┬──┘
                    ┌─┴─┐*   1 ┌────┐1  *│
                    │ 受注 ├───┤担当地域├──┘
               └─┬─┘    └────┘
                │1
                │*
       ┌───┐1  *┌─┴──┐
        │ 教材 ├──┤受注明細│
       └───┘  └────┘
     
     
      ウ       ┌───┐*  1┌───┐1
              │顧客 ├───┤ 地域 ├───┐*
              └─┬─┘   └───┘ ┌─┴──┐
                       │1              │担当地域│
                        │*           └─┬──┘
                    ┌─┴─┐*   1┌───┐1   *│
                    │ 受注 ├───┤営業員├───┘
              └─┬─┘   └───┘
                │1
                │*
       ┌───┐1  *┌─┴──┐
        │ 教材 ├──┤受注明細│
       └───┘  └────┘
     
     
      エ       ┌───┐*  1┌────┐1
              │地域 ├───┤担当地域├──┐*
              └─┬─┘   └────┘┌─┴──┐
                       │1              │ 顧客 │
                       │*           └─┬──┘
                    ┌─┴─┐*   1┌───┐1   *│
                    │ 受注 ├───┤営業員├───┘
              └─┬─┘   └───┘
                │1
                │*
       ┌───┐1  *┌─┴──┐
        │ 教材 ├──┤受注明細│
       └───┘  └────┘
     
     
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      メールマガジンがずれて見える方は、
       http://www.mag2.com/faq/mua.htm を参考にしてください。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



合格を勝取るにはコレ!! 絶対に読んでおくべきです。

▽ http://www.mag2.com/m/0000120201.htm



      『 解説 』
     
      今回は、データベースのER図についての問題です。
      データベースのテーブルを設計するために、お客さんにヒアリングを行ない
      エンティティ間の関連などを明確にしてモデリングを行なう、トップダウン
      アプローチです。
     
      出題は、テクニカルエンジニア(データベース)ですが、
      全ての科目の午前で出題されるような問題ですね。
     
      覚えておくべきところは、ER図の表記方法です。
      よくあるのが、矢印で表記を行なう以下のものです。
     
     >                  ┌―┐ ┌―┐
     > A と B が,1対1の対応関係のときは│ A├―┤ B│,
     >                  └―┘ └―┘  
     >            ┌―┐  ┌―┐       
     >1対多の対応関係のときは│ A├─→│ B│,
     >            └―┘   └―┘
     
      今回の出題の表記法は
     
     >                  ┌―┐1 1┌―┐
     > A と B が,1対1の対応関係のときは│ A├――┤ B│,
     >                  └―┘  └―┘  
     >            ┌―┐1 *┌―┐       
     >1対多の対応関係のときは│ A├─―┤ B│,
     >            └―┘   └―┘
     
      ですね。
      どちらの方でも、読み書き出来るようにしておきましょう
     
      解法の方法は、文章を、個別に、この図に当てはめれば、
      答えが導き出されます。
      では、早速、問題を見てみましょう。
       
     
     >[業務ルール]
     > この会社は語学教材を販売している。教材は教科書,辞書など,多品種にわた
     >る。営業員は複数の担当地域が定められており,担当地域の顧客から受注を得る。
     >一つの地域を複数の営業員が担当する。
     
     
      まず、この問題文から気になる個所を抜き出します。
     
     >営業員は複数の担当地域が定められており,。。。一つの地域を複数の営業員が
     >担当する。
     
      とあります。つまり営業員と地域は「多対多」の関係にあると、この文章から
      わかります。
     
      例を出して、説明してみます。
     
      まず、営業員から見ると
      三沢さんは、神奈川、東京を担当しています。
      川田さんは、東京、埼玉を担当しています。
     
      地域から見ると
      東京は、三沢さんと川田さんに担当されています。
     
      これが、「営業員」「地域」が「多対多」の関係です。
     
      「多対多」を実現するには、連関エンティティを使う必要があります。
      連関エンティティの名前は、「担当地域」にしましょう。
     
      すると、
          ┌───┐1  *┌────┐*  1┌───┐
          │営業員├───┤担当地域├───┤地域 │
          └───┘   └────┘   └───┘
     
      テーブルを設計するとすると
      
      地域 (地域コード、地域名)     主キー:地域コード
      営業員(営業員コード、営業員名)   主キー:営業員コード
      担当地域(営業員コード、地域コード) 主キー:営業員コード、地域コード
     
      こんな感じですね。
     
     
     
      もし、営業員は複数の担当地域が定められており,。。。一つの地域には、
      担当者が独りです。という問題文だったら。
     
      営業員から見ると
      三沢さんは、神奈川、埼玉を担当しています。
      川田さんは、東京を担当しています。
     
      地域から見ると
      東京は、川田さんに担当されています。
     
      これが、「営業員」「地域」が「1対多」の関係です。
     
          ┌───┐1  *┌──┐
          │営業員├───┤地域│
          └───┘   └──┘
     
      テーブルを設計するとすると
     
      地域 (地域コード、地域名、営業員コード) 主キー:地域コード 外部キー:営業員コード
      営業員(営業員コード、営業員名)      主キー:営業員コード
     
      こんな感じですね。
     
     
      どうですか?
      ヒアリングで、お客さんから聞き取ったわずかな違いでこんなにもER図、
      テーブル構造が変わってしまうんですね。
     
     
     
      では、解答を捜して見てみます。
      「営業員」「地域」は「多対多」の関係です。
      ER図は、以下の様にならないといけないので。。。
     
          ┌───┐1  *┌────┐*  1┌───┐
          │営業員├───┤担当地域├───┤地域 │
          └───┘   └────┘   └───┘
     
      この形を満たしているのは、唯一「 ウ 」だけですね。
     
     
     
      ●連関エンティティがわからなかった人へ
     
         お薦め書籍内の「はじめて、ER図の勉強をする人向け」
         で紹介している書籍を読む事をお薦めします。
     
        ▽ http://jstudy.fc2web.com/hon.html
     



合格を勝取るにはコレ!! 絶対に読んでおくべきです。

▽ http://www.mag2.com/m/0000120201.htm



     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     『編集後記』
     
      秋の試験も終了して、1月程立ちますね。
      今は、来年の春季試験に向けて、じっくりと地力をつけるのに最適な期間だと
      思います。
     
      午前の問題は、ある程度、暗記をしてしまえば、合格レベルまで持っていく
      ことは簡単だと思います。
      苦手問題を繰返しこなせば、解き方を暗記することはそんなに難しいこと
      ではないでしょう。
     
      でも、午後問題は、一朝一夕には行かないと思います。
      経験上、午後問題は、午前問題で問われている内容をいくつか組合わせて理解
      しづらくし、穴埋め形式にして出題している形式が多いと感じています。
     
      これを突破するためには、午前問題のあいまいな所を無くし、自由に組合わせて
      使用できるレベルまで習得することが大事なのだと思います。
     
     
      これは、仕事のレベルまで使えることを意味していますね。
      自分の武器(知識)を実践(現場)で自由に使えることを意味していますね。
     
      無理せず焦らず、楽しみながらじっくりと、地力を養っていきましょう。
     
     
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       『 情報処理試験のお勉強(千里の道も一歩から) 』
       作者  :メガフラ(megafriday@yahoo.co.jp)
       HP  :http://jstudy.fc2web.com/
       発行周期:隔週
     
      以下のスタンドより、発行させて頂いています。
      配信登録、配信中止も以下のアドレスよりお願いします。
     
      まぐまぐ  :http://www.mag2.com/m/0000120201.htm
      めろんぱん :http://www.melonpan.net/mag.php?005485
      メル天   :http://melten.com/m/16380.html
      カプライト :http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/8670.html
      E-MAGAZINE :http://www.emaga.com/info/megafri.html
      Macky!   :http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=megafriday
      melma!   :http://www.melma.com/mag/20/m00102220/index_bn.html
     
     ----------------------------------------------------------------------
     <免責事項>掲載されているいかなる情報により損害を被っても、
           当方では責任を負いませんことをご了承ください。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     





情報処理試験のお勉強(千里の道も一歩から) (マガジンID:0000120201)

メールアドレス:
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ


メインメニューに戻る

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO